ご相談事項は外へは漏れません

司法書士は法律専門職として守秘義務が課されており,業務上取り扱った事件について知ることができた秘密を他に漏らしてはならないことになっております(司法書士法第24条)。

そしてこれに違反した場合は,6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます(司法書士法第76条)。

 

守秘義務の遵守

当司法書士事務所では,法令を遵守し,ご相談者から得られた情報やお話し内容等が他に漏れることは絶対にありません。

どうぞ安心してご相談いただきたいと思います。

  sora3

 特に,多重債務や借金の問題,離婚等の家族の問題は,地元の人や親類等

 には絶対に知られたくないと考えることは自然なことです。

 そのために相談することを躊躇してしまう方もいるようです。

 

しかしながら,一人で,あるいはご家族だけで悶々と考えていても先に進まないケースも多々あります。

むしろ状況が益々悪化してしまうことも考えられます。

司法書士等に相談することによって,新たな視点や解決策が見つかる場合がよくあります。

あなたの心の安心を取り戻すためにも,早めのご相談をお勧めいたします。 

 

  

個人情報保護方針

当司法書士事務所は,司法書士業務上使用する依頼人・関係者等の個人情報につきましては,個人情報保護に関する法令並びにその他司法書士会等が定める各種法規,指針を遵守し,個人情報の保護に努めます。

 

 <連絡・書類等の取扱い>

1. ご依頼人又はご相談関係者等以外への相談・依頼等の内容については口外しません。
  なお,家族,利害関係人に対しても,原則としてご依頼人若しくは相談者ご本人の同意又は指示がなければ上記内容についてはお答えしません。

2. ご相談者・ご依頼人へのご連絡は,原則として指示された連絡先以外にはいたしません。

3. ご相談・ご依頼等により受け取った書類,資料,帳票、記録等の保管管理及び廃棄処分については責任を持って行います。

4.お預かりした書類や資料等は,職務終了後速やかにご返却いたします。